(購入方法を追記)京阪電車で宇治・伏見へ~お得な1dayチケット 2016★★★★★

150708_100105_ed.jpg
★追記(2016.5.1.):2016年4月以降も、京阪電車の「宇治・伏見1dayチケット」は発売中です!昨年度と乗り放題エリアが若干異なります。
【2016年4月以降~乗り降り自由エリア】
八幡市駅〜伏見稲荷駅、 宇治線(中書島駅〜宇治駅)、 男山ケーブル 
※詳しくは、京阪電車公式サイトでご確認ください。


※追記(2015.9.10.):
1dayチケットの購入方法を検索されてこのページにたどり着く方もいらっしゃるようなので、チケットの買い方を追記しておきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
京阪電車を使って宇治や伏見周辺をうろうろするときに便利な京阪電車の「宇治・伏見1dayチケット」について書いておきます。

===============================================================================
■1dayチケットの購入方法
・自動券売機では販売していないようです。
・駅員さんのいる駅では、駅員窓口で購入。
・駅員さんのいない駅から乗車する場合、PiTaPa、ICOCAなど電子マネーで改札に入る→最寄の駅員のいる駅の窓口(改札内)に申し出て、電子マネーをキャンセルしてもらい、1dayチケットを発行してもらう。もし、最初の駅から通常の片道切符で入ると、キャンセルするのがややこしいようです。
===============================================================================


数年前までは京阪宇治駅から京阪丹波橋駅までが乗り降り自由でしたが、現在は宇治駅から伏見稲荷駅まで延長されています。2016年4月からは、男山ケーブルも乗り降り自由区間に入りました!

そして、カードも写真入りに!写真は、宇治平等院の鳳凰と、伏見稲荷大社のお稲荷さん。

これは、伏見から宇治にかけていろいろと回りたい人にはおすすめです。乗り降り自由区間内の駅で購入した場合、大人1人600円。区域外から乗ると、料金が変わります。例えば、東福寺からは700円で、途中の駅の鳥羽街道では降りることができません。伏見稲荷~宇治区間内は乗り降り自由、帰りはまた東福寺まで乗ることができます。

例えば、JRで京都駅まで来て、京阪電車に乗り換えて宇治・伏見をめぐる旅行の場合を考えてみましょう。

JRの乗車券が「京都市内」となっていた場合、JR奈良線でいうと、京都から「桃山」駅まではその切符で乗れます。京阪電車に乗り換える場合、東福寺が便利です。

参考までに、京都から宇治までのJRの駅名と、今回の京阪電車「宇治・伏見1dayチケット」で乗り降り自由の駅を書いておきます。

【JR奈良線】
  京都→ 東福寺→ 稲荷→ JR藤森→ 桃山→ 六地蔵→ 木幡→ 黄檗→ 宇治

【京阪本線】
  (東福寺)→(鳥羽街道)→伏見稲荷→深草→藤森→墨染→丹波橋→伏見桃山→中書島
  ※( )は乗り降り自由ではありません。

【京阪宇治線】
  中書島→観月橋→桃山南口→六地蔵→木幡→黄檗→三室戸→宇治

ざっと見比べると、JRと京阪電車の駅には似たような名前の駅が多いことがわかると思います。一部並行して走っていたり、駅が接続しており乗り換えが便利になっていたりします。

JR⇔京阪の乗換えが便利な駅が、東福寺稲荷(伏見稲荷)、六地蔵黄檗宇治です。六地蔵は京都市営地下鉄東西線とも接続していますし、JRの快速電車が停まります。

<モデルコース1>
  ※のんびり平等院→伏見稲荷大社コース 
  ※宇治・伏見1dayチケット「利用なし」がおすすめ
 朝、京都駅に到着。午前中空いている時間に宇治平等院を観光、昼食を宇治で食べ、稲荷へ移動し、稲荷大社を観光。夕方に京都へ戻る。JRのみを利用し、運賃は京都→240円→宇治→240円→稲荷→140円→京都 で、計620円。
 先ほど、1dayチケットは、「伏見から宇治にかけていろいろと回りたい人にはおすすめ」と書きましたが、JR京都駅を拠点とする場合、宇治と伏見稲荷大社のみを回るなら、JRのみで移動するほうが安く済みます。JR京都駅を拠点ではなく、京阪電車沿線スタートで宇治や伏見稲荷大社を回るなら、1dayチケットがおすすめです。この場合、宇治・伏見1dayチケット以外に、期間限定などいろいろな1dayチケットがありますので、公式サイトのおとくなチケット情報をご確認ください。

次に、京都駅拠点でも、「宇治・伏見1dayチケット」を利用するとお得になる場合を、「モデルコース2」で紹介します。

<モデルコース2>
  ※丸1日使って、宇治の抹茶スイーツと黄檗たま木亭のパン、伏見の酒蔵巡り 
  ※宇治・伏見1dayチケット利用がおすすめ
 朝、京都駅を出発。東福寺で京阪電車に乗り換える。「宇治・伏見1dayチケット」700円を購入。
 京阪東福寺→中書島→宇治で降り、平等院や源氏物語ミュージアムへ。その後、中村藤吉本店や伊藤久右衛門などで抹茶スイーツを堪能、京阪宇治から黄檗へ。
 黄檗駅から徒歩7分程度のたま木亭でパンを買い、京都大学宇治キャンパスの芝生や、きはだホール2階のフリースペースでパンのランチ。余裕があれば黄檗山萬福寺を見学、なければ京阪黄檗から中書島へ移動。
 中書島駅から徒歩5分程度の寺田屋を見たり、黄桜や月桂冠の記念館や酒蔵を見学。龍馬通り商店街や大手筋商店街のアーケードでお土産を見た後は、おいしいお酒の飲める店で晩御飯。
 京阪電車で伏見桃山から東福寺、東福寺からJRに乗り換えて京都駅へ。

 ここで、モデルコース2の料金の比較です。

【1dayチケットなしの場合】
京都→JR240円→宇治→JR140円→黄檗→京阪210円→中書島(伏見桃山)→京阪210円→東福寺→JR150円→京都 計1150円
  ※注意 なるべく料金が安くなるよう&時間短縮できるように、一部JRを利用している区間があります。

【1dayチケット利用した場合】
京都→150円→東福寺→1dayチケット700円→宇治→黄檗→中書島(伏見桃山)→東福寺→JR150円→京都 計1000円

なんだ、あんまり安くなってないじゃないの?と思ったあなた、確かに、電車運賃のみであれば、差は150円。しかし、この1dayチケットを提示すると、宇治や伏見のあちこちのお店や観光スポットで料金や割引になったり、プレゼントがもらえたりします。

例)・宇治源氏物語ミュージアム、大人1名500円が400円に
  ・宇治平等院 絵葉書2枚プレゼント
  ・黄檗萬福寺 大人1名500円が450円に
  ・伏見の寺田屋 入館料大人400円が360円に
  ・キザクラカッパカントリー レストラン飲食5%OFF
・十石舟 乗船料 5%OFF
  ・月桂冠大蔵記念館 絵葉書1枚プレゼント

    などなど、ほかにもまだまたあります。

詳しくは、パンフレット(PDF)をご覧ください。紙のパンフレットは中書島や宇治駅など大きな駅でもらえます。東福寺以外の駅で購入した際の1dayチケットの料金は、公式サイトでご確認ください。

発売期間は平成27年4月1日(水)〜平成28年3月31日(木)ですので、また2016年4月からは区間など変わるかもしれません。ご注意ください。 ※冒頭に書いた★追記をご参考ください。
  
おけいはんの「ぶらり・まち旅 宇治・伏見」もぜひ参考に~(リンク


<まとめ>
宇治方面や伏見方面に来られる方は、目安として、京阪電車「宇治・伏見1dayチケット」乗り降り自由区間内を3回以上移動する場合や、割引特典のある施設を利用する予定がある場合、1dayチケットを購入したほうがお得になりそうです。例外があるかもしれませんが、目安として参考にしていただければ幸いです。京阪電車沿線のおすすめスポットは、おけいはんネット(沿線お出かけ情報を)見てみてくださいね♪


▼▼こんな記事もどうぞ▼▼▼
・京都周辺で行っておきたいスポット!遊び場、温泉(京都滋賀三重)子連れでおでかけ♪
・おいしい宇治の茶団子「中沢菓舗」おみやげに♪ 京阪黄檗駅すぐ
・アニメの聖地 ナカジベーカリー←「響け!ユーフォニアム」に出てきたパン屋さん
・陸上自衛隊宇治駐屯地 秋のイベント「創立64周年記念行事」 2015/10/10
・【たま木亭】新店舗 Q&A まとめ(京都/宇治の有名パン屋さん)
・【京都駅・宇治駅】中村藤吉の生茶ゼリィ&うじきんソフト 覚書
・たま木亭×中村藤吉 こらぼパン

▼▼スポンサーリンク(Amazonへリンクします)▼▼▼

この記事へのコメント