Amazon Echo 日本でも買えるの?2台あるとどうなる?(追記 echo dot? Tap?)

Alexa echo関連の最新記事はこちら
「増え続けるAmazon echo兄弟。ざっくり違いや特徴は何? echo show、echo look」 
2017年5月 ※新しく発売が発表されたAmazon echo family。それぞれの違いや特徴を紹介。

「Amazon Alexa (echo dotなど)でできること。日本では?」 2017年1月
 ※Alexaにゆで卵の作り方や、Alexaの名前の由来を聞いてみました。


※日本AmazonではAmazon echo関連製品は取扱できなくなったようです。2017年1月



追記:2017年5月25日現在、米国Amazon.comではEcho Dot (2nd Generation)が在庫有りとなっています。




※追記:2016年3月14日 Amazon Echo DotやAmazon Tapの予約が開始されているようです。私はAmazon EchoもAmazon Fire TVも持っていないので、Echo Dotの予約は無理なのかと思ったら、裏ワザがあるようです。



◆Amazon Echo Dot の予約の仕方(裏ワザ?)↓
「Echo Dotがどうしても欲しい人、Amazonの制約をバイパスして今日オーダーできる方法がこれだ」
http://jp.techcrunch.com/2016/03/05/20160304want-the-echo-dot-heres-how-to-bypass-amazons-restrictions-and-order-one-today/

◆Amazon Tap, Amazon Echo Dotについて↓
GIZMODO「Amazon Echoの弟分、「Echo Dot」と「Amazon Tap」誕生」
http://www.gizmodo.jp/2016/03/amazon_echoecho_dotamazon_tap.html

◆AmazonのAmazon Tap のページ(英語)(動画あり)
Just saw this on Amazon: Amazon Tap by Amazon for $129.99

◆AmazonのEcho dot のページ(英語)(動画あり)※リンクがうまく貼れないようです。Amazon TOP にリンクした場合、検索ボックスから "echo dot" で検索をお願い致しますm(_ _)m
Online shopping from a great selection at Echo Dot Store. $89.99



以下、2015年7月15日の過去記事です。
=======================================
最近「Amazon Echo」という言葉を見かけるので、なんだろうと思って調べたら、Siriみたいに音声認識でいろいろお世話してくれる筒状のアシスタントなんですね。近未来的。


今までは招待者のみ購入可能だったのが、米国国内で一般販売開始(2015年7月14日出荷)されたのでニュースになっているのですね。まだ米国内のみですが、そのうち日本でも販売されるんでしょうね。2015年7月15日現在、日本での販売についての計画は発表されていないようです。

日本でもそのうち1家に1台Amazon Echo、いや、携帯電話やスマートフォンみたいに、1人1台になるのでしょうかね。


ふと、「複数台が近くにあると、『Alexa(Amazon Echoへの呼びかけのキーワード)!』と呼んだとき、みんなが反応するのかね?」と疑問に思いました。

すると、いらっしゃいました、2台のAmazon Echoをお持ちの方が!David Gewirtzさんです。



Davidさんの記事でレビューされている内容によると、2台のAmazon Echoは、購入して届いた時点で既に連携する設定がされているようです。アラーム機能とタイマー機能以外は、あたかも1台のAmazon Echoとして動作するようです。例えば、Alexa!と呼びかけると2台とも応答し、音楽を止めて、というと2台とも止まる、等です。しかし、アラームやタイマー機能は、2台とも別々に設定できるそうです。これは、こども部屋に1台、夫婦の寝室に1台、と置いておくには必要な機能ですよね。それぞれ起きる時間は違うでしょうから。

ちなみに、朝、アラームをAlexaに6時にセットし、なった後アラームを消したら、Alexaが電気を自動でつける、なんてこともできるようです。

また、2台のうち、1台はDavidさん、2代目は奥様のアカウントが設定されているそうですが、お互いが家族登録されているので、DavidさんのAmazon Echoでも、アカウントを切り替えて奥様のスケジュールを確認する、といったこともできるそうです。

2台のAmazon Echoを使った感想をもっと知りたい方は、Davidさんのレポート記事を読んでみてくださいね。(英語)。
Alexa times two: Can two Amazon Echos find love and happiness in one home? By David Gewirtz

他に、Amazon Echoを使う上でのヒントや役立つ使い方もDavid Gewirtzさんは紹介しています。例えば、Amazon Echoをこども部屋に置いておき、自分はリモコンを持っていて、リモコンに「ごはんよ!」と呼びかけるとAmazon Echoがこどもに伝えてくれるとか。大きな家に住んでいたり、1階と2階に別々にいるときなんかは便利そうですね。Amazon Echoって屋外でも使えるのかな~?外にいる人を呼んだりしたいときありますよね。

詳細はこちら(英語)↓
A dozen helpful Amazon Echo how-to tips and tricks By David Gewirtz

余談ですが、Amazon Primeって家族登録ができるんですね。Amazonプライムの配送に関する特典は、会員登録した本人以外に、同居している家族2人までが利用できるそうです。これはぜひ旦那のアカウントを家族登録しなければ!

日本語でのAmazon Echo 参考記事はこちら↓
・Amazonの「つながったスピーカー」Echo、全米で一般予約開始、価格は180ドル @jptechcrunchさんから
・Siriを超えてる?!置き型タイプの「Amazon Echo」が便利すぎる・・ - NAVER まとめ


▼▼▼こんな記事もどうぞ▼▼▼
・増え続けるAmazon echo兄弟。ざっくり違いや特徴は何? echo show、echo look
・【旧型でもOK】Fire TV stick リモコンでYouTubeアプリの音声検索をする方法
・ロボット掃除機、やっぱり便利!ルンバほど高機能ではないけれど低価格で満足! AIM-RC03 ※別ブログへリンク
・【我が家の定番】無料でとにかく簡単なTV電話「appear.in」
・Let's note CF-SX4 Numlockキーはどこだー!
・宅配買取「ブランディア」と「ブランキッズ」を試してみました

<スポンサーリンク>

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック