京都有名ベーカリー「eight」しっかりハード系パン

昨日は、京都市青少年科学技術センターに行ってきました(以前の関連記事)。以前は夫も含めて家族5人で行きましたが、今回は、私ひとりで子供たちを3人連れて、京阪電車で向かいました。中書島で京阪宇治線から京阪本線(京都方面)の普通に乗り換えて4駅目。「藤森(ふじのもり)」で下車。

京都市青少年科学技術センターは、藤森駅から西へ徒歩5分~7分程度。ベビーカーの場合は歩道橋を渡れないので、少し遠回りして信号を使って横断します。

青少年科学センターの記事は時間があればまた別に書くとして、今回の記事のメインは、京都で有名なベーカリー「eight」さんです。



【アクセス】
京阪藤森駅から東へ徒歩1~2分。川を渡って自転車置き場の横を通って、名神高速高架下を東へ1ブロック行くと、藤森小学校の向かいの角に「eight」はありました。特に目立つ看板などはありませんが、ガラス張りのお店なので、近くに行けば「パン屋さんだ!」とわかると思います。

ストレートに行くと駅からすぐなのに、一筋ちがう道を行ってしまい、ぐるっと1ブロックを1周してしまいました^^; 次からはもう迷いません。

【店内】
店内は明るく、どことなく昭和な香りが漂う、でもおしゃれな雰囲気でした。なぜ昭和な雰囲気・・・?と思ったら、トレイが「アルミトレイ」だからかな?給食を思い出します。店内はそれほど広くないはずなのに、配置がよく、通路も広く感じます。他にお客さんがいなかったのもあり、ベビーカーのまま入店させて頂きました。

【パンの種類・感想】
サンドイッチなど保冷パンは見当たらず、ハード系、そうざい系メインのようです。

長男は、カレーパン、娘はメロンパン、私はクロックムッシュ、次男用にアリコヴェール?(豆の入ったパン)をチョイス。携帯電話の電池が無く、写真はナシ。

・カレーパンは生地とカレーの相性がよく、あとから来る辛さが心地よい!
・メロンパンはあっというまに娘が全部食べてしまい、味はわからず^^;きっとおいしかったのでしょうw
・豆のパンは、もちもちぱりぱりの生地に豆がたっぷり、チーズがたっぷり、とっても気に入りました!次回もリピートしたい!
・クロックムッシュもハムとチーズとフレンチトーストの組み合わせが絶妙で、ランチにぴったり。

全体的に、パン生地は、外側がかりっと、中はしっとりもちもちで、たま木亭のパンと似た食感。たま木亭ほどバターリッチではないので、こってりあぶらっこいのが苦手、という人にはeightのパンがおすすめです。

価格も200円前後のパンが多く、お手頃。


【定休日など】
通常は「日曜日・月曜日」定休日だそうですが、このシルバーウィークの連休中はお店を開けていらっしゃるようです。

【おすすめ情報】
なお、最寄り駅の京阪本線・藤森駅は、京阪電車の「宇治・伏見1dayチケット」購入方法等はこちら)の乗り降り自由フリーエリアですので、チケットを利用して、宇治のモグモグベーカリー(関連記事)、黄檗のたま木亭(関連記事)と藤森のeight、食べ比べなんていうのもいいかも。

以上、簡単にですが、eightさんのご紹介でした。また行きたい!

※宇治市内の情報ではないですが、宇治周辺の情報ということで、カテゴリは「宇治情報」にしています。


▼▼こんな記事もどうぞ▼▼
・陸上自衛隊宇治駐屯地 秋のイベント「創立64周年記念行事」 2015/10/10
・京都市青少年科学センターに幼稚園児と行ってきました!(2015夏休み)
・アニメの聖地 ナカジベーカリー
・【たま木亭】新店舗 Q&A まとめ(京都/宇治の有名パン屋さん)


<スポンサーリンク>

年賀状におすすめ!(Amazon)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック