宇治の銭湯「奥の湯」に行ってきました。 2015年12月 ※年末年始情報を追記

※追記:2015年~2016年の年末年始情報を追記しました♪

okunoyu.jpg

先日、4才娘と一緒に宇治市の銭湯、「奥の湯」に行ってきました。

普段は、奈良と京都の県境、笠置町の「わかさぎ温泉」(関連記事)や、滋賀県の「比良とぴあ」(関連記事)といった温泉の立ち寄り湯を利用することが多く、その日も我が家の男性陣3名は「わかさぎ温泉」へドライブがてら行っていました。しかし、娘が「『奥の湯』に行きたい、前はトマトの湯があった」と主張するので、散歩がてら2人で行くことにしました。

奥の湯は京滋バイパス宇治東ICから出てすぐの府道7号線沿いにあります。このあたりの府道7号線沿いには、以前、JR黄檗駅近くに「太平湯」がありましたが、潰れてしまいましたね。

「奥の湯」の駐車場はわりと広く、37台停められるそうです。

玄関を入ると、100円を入れるタイプの靴箱があります。この100円は帰りには戻ってきます。
券売機でチケットを購入し、受付に靴箱の鍵とチケットを渡します。シャンプーリンスを忘れたときには、受付で小袋のシャンプーリンスが販売しているので購入できます。受付横はちょっとした休憩スペースになっています。

脱衣所には、ロッカー(コイン不要)、体重計、飲み物の自動販売機(例:びん牛乳1本120円)、ドライヤーが設置してあります。ウォータークーラーはありませんので、自分で飲み物を持参している方が多いようです。また、ベビーベッドもありませんが、ロッカーの上にクーファンらしきものが置いてあったので、受付にお願いしたら貸してくれるのかも。タオルは持参です。

中の洗い場は、10箇所程度あったと思います(正確でなくてすみません)。ボディーソープのボトルが置いてあります。以前はお茶の香りのするシャンプーが置いてあったのが気に入っていたのですが、なくなって残念。子供用のいすは見当たらなかったように思います。お湯の種類は、シンプルな内湯、数日替わりの湯(この日は米ぬか&オリーブ油の湯)、ジャグジー、電気風呂、水風呂、サウナ、露天風呂があります。数日代わりの湯がややぬるめで入りやすかったので長いこと入っていました。露天風呂はシンプルな長方形の湯船で、湯船の外には休憩用のいすが2脚ありました。どのお湯も塩素の香りはそこまで気にならず、ゆったり楽しめました。娘も、ほかほかになった、黄色いお湯がおもしろかった、と満足そうで、帰り道ではすっかり寝てしまいました。

銭湯ではありますが、(時間帯にもよるとは思いますが)そこまで混雑していないのと、塩素の香りが気にならないので、ゆっくり大きな湯船につかりたくなったら、「シャンプー・リンス・タオル・水」を持参でまた行こうと思います。

なお、2015年年末は、12月30日、31日がお休み。2016年年始は元旦から営業されるそうです。また、通常は水曜日が定休日ですが、12月23日(祝)は営業されるそうです。クリスマスのころの替わり湯はワインのお湯もあるようですよ~。詳しくは電話でお問い合わせくださいませ。

========================================================================================
奥の湯 (銭湯)
〒611-0013 京都府宇治市莵道藪里23 TEL 0774-22-2619 
営業時間:14:00~23:00(22:00最終受付)
定休日:水曜日
駐車場:37台
料金:
  月火木金土曜日 大人(中学生以上)600円、小学生230円、幼児(4歳以上)80円
  日曜日・祝日  大人(中学生以上)650円、小学生260円、幼児(4歳以上)100円
置いてあるもの:ボディーソープのみ(シャンプー・リンスは受付で販売)
公式サイト:http://www.g2kyoto.com/oku/index2.htm
========================================================================================

▼▼こんな記事もどうぞ▼▼
・京都周辺で行っておきたいスポット!遊び場、温泉(京都滋賀三重)子連れでおでかけ♪
・【2016夏】京都鉄道博物館に行ってきました! 前売券買っとけば良かった…の巻
・最近のたま木亭 混雑具合など 2016年2月、3月(追記あり)
・【クリスマス】たま木亭にシュトーレンが出ていました♪ 2015
・【京都府南部】再開された笠置いこいの館「わかさぎ温泉」に行ってきました!
・大津市科学館→矢橋帰帆島公園→比良とぴあ(温泉)に行ってきました! 2015 京都から滋賀へこどもとおでかけ
・もくもくファームに行ってきました! 2015夏 PaPaビアレストラン等
・京都府南部から子連れでGO!「日帰り入浴」奈良・滋賀・三重・大阪

<スポンサーリンク>
関西のおすすめ温泉ガイド(Amazon)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431157515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック