KindleとAudibleは語学学習に使える!

先日、「Kindle本をPCで読んでみた!」という記事を書きましたが、続報です。

私の通っている英会話教室のネイティブ先生(オーストラリア出身だが、世界各地に滞在し、現在は日本へ定住)が、

"Are you interested in this book?"

と一冊の本を貸してくださいました。

Buddhism Plain and Simple


先生の大切な本の1つだそうです。3ヶ月位貸すから、ゆっくり読んだらいいよ、と言われ、ありがたくお借りしてきたのですが。。。我が家には2才の怪獣がいます。やぶらないか?落書きしないか?心配。。。

目次や、Introductionのページを読むと、英語自体はシンプル。内容もわかりやすい。でも深いことが書いてある。これはじっくり読みたい。

もし中古でもAmazonあたりで安く売っていたら、自分用の本を購入しよう…とAmazonを見ましたら、



Kindle版があるじゃない!!

ということで、米国Amazon.com でKindle版を購入しました。なお、日本のKindle本でも米国のKindle本でも同じ無料アプリで読むことができました。※Amazon.comとAmazon.co.jpのアカウントを結合済みの方は、関連するヘルプページをご確認ください。(私は未結合でしたので、特に不便は感じませんでした。)

Kindleで洋書を読むときに便利だな、と思ったのが、「わからない単語の意味をさっと表示してくれる」という点です。いちいち辞書を調べる手間がなく、ストレスなく読めます。

また、「フラッシュカード」という機能があります。学生時代に使った両面記録できる単語カードのデジタル版のような機能です。上記で調べたわからない単語や、文章中の気になる箇所にハイライトした部分などを「フラッシュカードにエクスポートする」と、表面にわからない単語の意味や、ハイライトした文章が表示され、裏は白紙、というフラッシュカードができます。裏面も表面も自由に編集できます。

フラッシュカードには「✕」と「✓」が表示され、例えば、「新しい単語・フレーズ」というデッキ(というようです。フォルダみたいなもの?)のフラッシュカードを作れば、新しい単語やフレーズを覚えたかどうかのチェック用としても使えます。これは、学生さんや語学学習者には便利ですね~。


また、今回、上記の本はAmazon.comのAudibleに収録されていたので、1ヶ月無料だし、と聞いてみることにしました。Audible、いいですね~。家事をしながら、移動しながら、好きな時間に聞けます。ヒアリング学習にも持って来いです。Amazon.comのアカウントを持っていれば、そんなに手間なく使えるので、興味のある人は登録してみてくださいね。ちなみに、日本のAudibleと各国のAudibleでは収録されている本が異なり、それぞれの国で料金や無料期間も異なるようです。

米国Amazon.comのAudibleはこちら↓



以上、最近挑戦してみたKindleとAudibleの紹介でした。

▼▼こんな記事もどうぞ▼▼
・はむここ家のこどもたち 英語ってどうしてる?
・関西国際空港(KIX)のカードラウンジ、覚書 (同伴者料金など)
・【ハワイ】キッズプログラム(託児)を利用してみました! ポピンズ・ケイキ・ハワイ 体験
・【我が家の定番】無料でとにかく簡単なTV電話「appear.in」

<スポンサーリンク>


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック